haminの雑記帳


by kinomibiyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ESL( 4 )

ESLで病院見学

今日で私が週一で通っている教会のESLが終了です。
ここではbiginingのクラスに所属していましたが、
アメリカの文化やしきたり、キリスト関連の話、お薦めの日用品の紹介などなど
とても役立つ情報を、楽しく教えて頂きました。

クラスの終了、先生とのお別れはとても寂しいものですね。
でも、この教会には今後も通う予定なので、先生や一部の生徒さんとはまた会えるかな!

最後の授業は、Field Trip で、とある病院を見学に行きました。
f0199394_9513592.jpg


何の写真?と思われたかもしれませんが、ここ病院なんですよ。びっくりですよね。
この日はたまたま出店のイベントもしていて、オーガニックな野菜や
クッキー屋さんやジャム屋さんが並んでいました。

お見舞い用(?)のお店もとってもお洒落。
ちょっとしたモールに来た気分です。
f0199394_1015536.jpg


病室は相部屋はなしで、どこも個室。
と~~~ってもきれいで、まるでホテルのようでした。
f0199394_9541777.jpg


他にも、ヨガやマッサージルーム、オーガニックの料理教室などもあり、
カフェテリアでは、オーガニックなメニューがお安く提供されています。

この病院は建ってまだ1年だそうで、本当に色々な試みがなされています。
この日は、他の病院からも視察団がたくさん来ており、
いかにこの病院がユニークなのかがわかりました。

来月は義両親が遊びにやってくるので、早速ここも観光スポットのひとつに
取り入れようと目論んでおります。(笑)

そうそう、ついでにご報告。
来月義両親が遊びに来たら、私と子供達は義両親と一緒に日本へ帰ります。
オットがその2週間後に日本へ一時帰国で、2週間滞在し
また一緒にミシガンへ舞い戻る・・・という流れです。
私と子供達は、日本に1ヶ月ちょっと滞在予定です。
以上、業務連絡(?)でした!
[PR]
by kinomibiyori | 2010-05-26 22:00 | ESL

キリスト生誕について

皆さんのお宅に、サンタさんは来ましたか?
うちにも来ましたよ♪
暖炉があるので、「煙突からサンタさんが入ってくるんだよ~」というのも信憑性が増すってもんです(笑)
子供達は暖炉に、サンタさん宛ての手紙を置いて、プレゼントを楽しみにしてました。
後で知ったのですが、こちらの子供達は、サンタさんの為に
クッキーとミルク準備しておくそうです。来年はそうしようっと!

さて、クリスマスにちなんで、キリスト生誕のお話を書いておきましょう。

神が天使ガブリエルを若い女性の元へよこした。
女性の名前はマリア。
ガブリエルは「あなたは神から恵みを頂いた。あなたは息子を身ごもるでしょう。
彼の名前を”ジーザス”と名付けなさい。彼は神の子と呼ばれるようになるでしょう」と言いました。
マリアは「どうやってそのようなことが?私は結婚していません」と訊ねた。
ガブリエルは「神だから、全ての事が可能なのです」と。
マリアは「私は神を愛しています。彼が私を選んで下さったのなら、私はそうします。」と言いました。

マリアはヨセフという婚約者がいて、まもなく結婚する予定になっていました。
ジョセフはナザレに住んでいましたが、彼の家族はベツレヘムに住んでいました。
その頃ローマ皇帝が、正しい人口の数を調べようと、全国民に故郷に帰るよう命じました。
マリアとヨセフは、ヨセフの故郷であるベツレヘムへ向かいます。

ベツレヘムへ着いたとき、マリアの子供はまもなく生まれようとしていました。
彼らは安全に眠れる場所を探しましたが、宿の空きは無く、
最終的には、「貸せる部屋はないけど馬小屋なら貸してあげれるよ」と人に出会い
マリアとヨセフは馬小屋で休むことになりました。
そこで、小さな赤ちゃん”ジーザス”が誕生したのです。
マリアは布でジーザスをくるみ、そっと飼い葉桶に寝かせました。

ジーザスが生まれた夜、一人の羊飼いの元に天使が現われ言いました。
「怖がらないで下さい。私は全ての人々に嬉しい知らせを持ってきました。
今日、ベツレヘムの町で救世主が誕生しました。彼は飼い葉桶の中にいます。」
それから天使の大軍が加わり「いと高きところには栄光、神にあれ!
平和と善意を地球上の全ての人に!」と歌いました。

羊飼いはベツレヘムへ急ぎ、赤ちゃんのジーザスに会いました。
羊飼いは、周辺の人々に、見たことや聞いたことを話しました。
そして、道すがら、神に称賛を叫びました。

ジーザスが生まれた時、神は特別な星を空に置きました。
遠くにいた東方の三博士がこの星を見ました。
彼らはそれが、神からの新しい王が生まれたというサインだと知っていました。
彼らはその星を追い、星は彼らをベツレヘムへと導きました。
彼らは小さなジーザスを見つけました。(数日後なのに、もうジーザスは幼児になっていたそうです)
彼らはジーザスを崇拝し、王に適していた物(金とフランキンセンスとミルラ)を彼に贈りました。

以上が「The Nativity Story(キリスト降誕)」です。(間違ってませんか~?汗)
また、このシーンを再現したオーナメントや置き物などなど、沢山見掛けます。
クリスマスシーズン、このNativityをお庭にでーん!と飾っているお宅もありますよ。
f0199394_124798.jpg


ちなみに下の画像は、近所のショッピングモール内です。
f0199394_193893.jpg

f0199394_110033.jpg

サンタさんと一緒に写真も撮れます(有料)。
我が家は前月、ディズニーワールドで撮ってきたので、ここでは撮りませんでしたけど、
見てるだけでも微笑ましい光景ですね。
[PR]
by kinomibiyori | 2009-12-25 21:00 | ESL

Pumpkin Carving

10月あたまから行くはずだったESL。
2週続けて水曜日に次女が体調を崩した為、なかなかデビュー出来ずにいました。

そして今日、ようやく出席することが出来ました!
しかし、内容はPumpkin Carving。
実は先週の授業がfield trip (校外学習・遠足)で、
クラスの皆さんはかぼちゃ狩りに出掛けていて、
今日はそれをcarvingするという企画。

私は先週参加出来なかったので、スーパーで大きなかぼちゃを購入して来ました。

ところが、ESLの駐車場に着いても、誰一人として大きなかぼちゃを持って歩いている人は居ず。
私、大き過ぎ???と、不安にかられました~。

勇気を持って教室に大きなかぼちゃを持ち込むと
同じく先週参加されなかったという生徒さんのかぼちゃはデカイ!
あ~、よかった♪(←そうゆうとこ、小心者の私)

でも先週参加されていた生徒さん達のかぼちゃは、かなり小ぶり。
今年は冷夏だったので、行った先の農場のかぼちゃは、どれも小さかったそうです。
そして、とても硬いらしく、皆さんとっても苦労されていました。
その点では、大きいものは軟らかくて掘りやすい♪
思わず無心で掘ってしまいました。楽しかった~。

f0199394_8322211.jpg


本当は、普通にジャック・オー・ランタンが掘りたかったけど、
私の持参したcarving set の中には、その下絵は無かった!(基本だろ~・怒)
では・・・と選んだのが↑の絵。
初めての作品なのに、結構細かいものを選んでしまったわ。
でも、時間さえかければ、とっても簡単に掘れるのですよ。ちょっとハマりそう・・・♪
これから毎年作っちゃうかも!

それにしても今日は暖かかった~!
温度計みたら、25℃ぐらいあったので、思わず目を疑いました。
久々に子供達も裏庭で元気に遊べてよかった!よかった!
[PR]
by kinomibiyori | 2009-10-22 21:00 | ESL

場違いな場所へ・・・

次女のいない週3日間、やっと、やっと、この時間がやってキターーーーー!!
とばかりに、全ての日に予定を詰め込む私・・・。
どこの国に行っても、自ら忙しくしてしまう性分は治らないようです(苦笑)

予定と言っても、全て半日ずつの予定なので、残りの半日ずつはフリーです。
手の廻らなかった家事に、英語の勉強、パン作りにお菓子作り、クラフト作り、
トロッケンの材料探し(まだ作品作りじゃないところが悲しい・・・)に、お友達とのお茶の時間・・・
なんかにあてたいと思います。・・・っていうか、欲張り過ぎで全然時間足りませんね。あはは~

月曜日の午前中は、ご近所さんが集まって、クラフトを楽しんでいます。
パッチワークにクロスステッチ、ビーズツリーにその他色々・・・
その時、その人個人が取り組んでいるクラフトを持ち寄って
おしゃべり&お茶をしながら、作業を進めていきます。
私も早速小さめのクロスステッチのキットを買ったので、
来週から雑ぜて頂く予定です。楽しみ~♪

水曜日は、午後から初心者向けのESLの授業を取りました。

そして、金曜日の午後は、チューターさんをお願いしました。
チューターさんとは家庭教師の事で、
私の先生は、元小学校教師で、大学生と高校生の娘さんを持つお母さん。
チューター歴も長いようで、安心してついていけそうです。
とっても気さくで明るい先生なので、良い先生に出会えて良かったです。

また、10月後半からは、テニススクールにも通う予定なので(回数限定ですが)
ますます忙しくなりそう。
でも、運動系はやりたかったので、張り切って行きたいと思います。

今日は午後からチューターさんの初レッスンの日だったのですが、
その前に、午前中に長女の学校のボランティアのミーティングに行くことになっていました。

こちらの学校は、色々な面で親の協力は不可欠で、
クラスで行うパーティーなども、親が企画してたりします。
しょっちゅうボランティアを募るお知らせが入るし、
長女の事も気になっていたので、ボランティアをすれば学校で様子を見ることも
出来るかな~?と、軽い気持ちで引き受けました。
(授業参観とかは、無いんだそうです)

いざミーティングに行ってみると・・・
ネイティブアメリカンのママさん達が10名程集まっていて
日本人は私一人・・・。
実は、このミーティングのメンバーはクラス委員のような主要な方々の集まりで
長女のクラスのボランティアだけと思っていたけど
キンダー~4年生までの縦割り学級のまとめ役。
すなわち、私は相当場違いな場所に来てしまったわけで・・・(冷汗)
内容的には、1年を通してのパーティー(ハロウィン、サンクスギビング、
クリスマス、バレンタイン等)の内容の企画なので、楽しそうではあるのですが・・・
何を話しているのかさっぱりわからず!!

午後からのチューターの先生に、早速、辞退する旨の文章作りをお願いしました(笑)

行く行くは、アメリカ人の友達も作りたいと思っているので
こうゆう活動に参加すれば、交流が拡がって行きそうだなぁ・・・という事は
わかりました。それを今日の収穫としよう・・・。
今はまだ時期尚早ですが、いつかまた参加してみたいと思います。

長女が、季節はずれの七夕工作を見つけたようで、
何やら願い事を書いていました。

f0199394_2211155.jpg


「えいごがしゃべれますように」
何という前向きさ!!
私も一緒に願掛けさせてもらいましょう。

それにしても、「にほんにかえりたい」じゃなくて良かったです。ほっ!
[PR]
by kinomibiyori | 2009-10-02 22:00 | ESL