haminの雑記帳


by kinomibiyori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

3日目
今日はのんびり市内観光
まずは、サンフランシスコの街が一望出来る、ツインピークスへ。
「霧と坂の街」と呼ばれるだけあって、せっかく行ったのに、丘の上から見る街は霧で真っ白。
でも、待つこと数分、霧の切れ間が何回か現れ、とりあえず写真を撮りましたが
またすぐに霧の中へ・・・。それに寒かったので、すぐさま退散しました。
f0199394_052215.jpg


早速、バス、電車、ケーブルカー乗り放題のチケット購入し、ケーブルカー乗り場へ。
んが、しかしっ!長蛇の列でケーブルカーに乗るのに1時間はかかると見た!
途中の乗り場から乗ってくる人のスペースも考慮し、発着場所ではパンパンに乗せないようです。
私たちは、発着所での乗車は諦め、次の停車場まで移動し、何台目かでようやく乗り込めました。
f0199394_043334.jpg


やっとの思いで乗れたので、終点のフィッシャーマンズワーフまで行ってしまうことに。
こんなにケーブルカーに乗るのが困難だとは思わなかった・・・。
f0199394_013756.jpg


お友達に聞いていたお店があったので、迷うことなく美味しいクラムチャウダーにありつけました♪
f0199394_0143845.jpg


こちらは有名なアルカトラズ刑務所。子供には面白くないだろうと判断し、
ツアーには申し込みませんでした。後々後悔するかしら?
f0199394_1034164.jpg


ピア39には、大量のアシカが!!これには子供たちも大喜び♪ でも臭い・・・。
f0199394_1045798.jpg


グレース大聖堂へ向かう為、再度途中からケーブルカーに乗り込んだものの、
降りる場所を間違えて、急な坂を歩いて上る羽目に。キツかった~!!
f0199394_10473599.jpg


無事到着~。
f0199394_10485081.jpg


サンフランシスコ、爽やかで(肌寒いぐらいだったけど)楽しい街でした。
とっても気に入ったので、また機会があれば是非是非再訪したいです。

そして、最後はトレジャーアイランドからの夜景。
コンデジしか持って行かなかったので、上手く撮れませ~ん。
実際には、もっともっときれいでしたよ~!
f0199394_10542251.jpg


翌日は、午前中にデトロイトへ向かう飛行機に乗るはずでしたが
まさかの6時間遅れで、ミシガンの家に着いたら0時を過ぎていました。
もう寝ようよ・・・と思うのに、「お腹空いた~」というオットと子供達。
2週間ぶりのミシガンの家に、これといった食べれるものがあるはずもなく、
インスタントラーメンを作って食べました。夜中にラーメンだなんて、体に良くないよね・・・。
そして、夜中の2時過ぎにようやく就寝となりました。
明日からまた、アメリカ生活が始まるぞ~!がんばろっっ!
(自分的には、アメリカ生活最終章って感じでしょうか。
帰国へ向けての、カウントダウンが始まったような気がしています。)
[PR]
by kinomibiyori | 2012-08-09 21:00 | お出掛け
すっかりブログ放置に焦りを感じなくなってきました・・・。
最近はfacebookの活用が多いので・・・。
タイムリーな話題はどうぞfacebookの方へ!(私を探してね!)

さて、サンフランシスコ2日目は、朝6:30に出発して、日帰りでヨセミテ国立公園へGO!

ナビを信じて車を走らせたら、絶対この道じゃないでしょう!!という山道を突き進む羽目に・・・。
ナビを100%信じてはいけませんね~。いや~、生きた心地がしなかったです。

往復移動だけで10時間のため、公園内滞在は限られています
まずは公園南にある、マリポサグローブへ
樹齢2千7百年、周囲29mの巨大セコイアの木があるのですが、駐車場満車で断念。
車から奪取で飛び降りて、駐車場内のセコイアで記念撮影。それでも充分な迫力があります。
森の香りが強く、まさに森林浴でした。
f0199394_23504888.jpg


次に向かったのは、公園が一望できるグレイシャーポイント
右上の山は氷河で削り落とされたといわれる、ハーフドーム。
カナディアンロッキーやグランドキャニオンとは少し違った感じですが迫力ありました。
f0199394_23523277.jpg


車を駐車場に駐めて、ここからは公園内のシャトルバスで移動です。まずはヨセミテ滝へ。
アメリカ内最大の落差がある滝。落差だけならナイアガラの10倍。
ですが、シーズンの5、6月を当に過ぎていた為、雪解け水もなくなり、滝はすっかり枯れていました。
f0199394_2354546.jpg


次に移動した、ミラーレイクも干上がっており残念!!
こんなコンディションにもかかわら、公園内はたくさんの観光客でにぎわっていました。
ここで既に18時過ぎ。夕食をとりながらのHotelにむかい、12時ごろの到着。ねむっ!
とてもよいところですが、やはり日帰りはキツかった~!
[PR]
by kinomibiyori | 2012-08-08 21:00 | お出掛け
8月7日の早朝にセントレアから成田へ発ち、成田で6時間の空き時間、
15時台のフライトでサンフランシスコへ飛び立ったものの、
約10時間後のサンフランシスコ到着は7日の午前・・・。何て長い1日なのでしょう。
もちろんホテルにはチェックイン出来ないので、レンタカー借りて、このまま観光へと繰り出します。

まず向かった先は、超有名なゴールデン・ゲート・ブリッジ。
f0199394_121941.jpg

お天気良かったのですが、半袖では寒くてびっくり!!
どうやら20℃なかったようです。
f0199394_12203622.jpg


そこから北へ北上し、スヌーピー博物館へ。
スヌーピーの生みの親である作者Schulz氏の記念博物館です。
博物館の横には、スヌーピーのスケートリンクやお土産屋さんがありました。
ここの気温は高くて暑かった~。ゴールデンゲートブリッジ周辺は、
海風によって冷やされているということなのかな?

この壁は、スヌーピーの漫画が描かれた3,588枚ものタイルを貼って出来ています。
作られたのは、日本人アーティストYOSHI(大谷芳照)さんだそうです。
f0199394_1226851.jpg


博物館をあとにし、次に目指すはナパバレー。
着いたのが遅くなってしまい、どこのワイナリーも既に閉店。
試飲出来るといっても、私はアルコールを摂取すると鼻詰まりになるのでNG。
オットは運転手なのでNG。お土産買っていこうにも、既にスーツケースパンパンでNG。
何しに来たのか?と聞かれると、答えに困りますが・・・。
ま、雰囲気を味わいに来た・・・とでも言っておきましょうか。(笑)
f0199394_12371237.jpg


一応、高級ワインとして名高いオーパス・ワンも外から見たし、ディーン&デルーカにも寄って
バッグをゲットしたし(方向性が違っっ!)、満足してホテルへ向かいました。

あ~、やっとベッドで寝れる。何時間ぶり?
[PR]
by kinomibiyori | 2012-08-07 22:00 | お出掛け

成田山新勝寺

日本での滞在が、あっという間に終わりました。
今日はセントレア→成田→サンフランシスコへの移動日です。

朝6時前に家を出て、義両親、義姉さん達にセントレアまで送って頂き、いざ出発。
いつもデルタしか使っていない我が家は、ANAのサービスに感激~♪
たった1時間のフライト。これがデトロイトまで乗れたらいいのに・・・。

富士山!!どもども~。ご無沙汰してますっっ。
f0199394_483680.jpg


成田からサンフランシスコへの便は、6時間待ちです。
あまりにも長時間なので、成田山新勝寺へ行ってみました。

成田空港から電車に乗って数駅。成田駅より徒歩で向かうのですが、
気温はいかほどあったのか・・・。暑くて暑くて大変でした。
f0199394_474980.jpg


空港の売店で買ったおにぎりを、途中の休憩地点で頬張り、
残り半分、気力で歩きました~。うぅ、茹だる。

やっと着いた~。もうグダグダな私。。。
f0199394_473070.jpg


石段を上ると右手に三重の塔があり、正面には本堂があります。
娘たちは、おみくじをひくも「吉」と「末吉」・・・。ビミョー・・・。
しっかりと結んできました。

帰りは駅まで上り坂が続きます。
娘たちには「かき氷食べるよ~」とにんじんぶら下げて歩いてもらい、途中で休憩タイム。
f0199394_4144325.jpg


うぅ~。生き返った!!
こんな素敵スイーツも、またまた1年半後(本帰国予定)までお預けかぁ。

さあ、いよいよサンフランシスコへ向けてフライトです。
サンフランシスコの日記はまた後日~!

***********************************************************

この滞在中、小学校からの親友のお父様がお亡くなりになりました。
私が小さい頃からよく知るお父様で、結婚後もいつもお会いすると色々なお話をして下さり、
とっても元気で、熱い情熱を持ったお方でした。
最期は、埼玉から帰省中の娘さん(私の親友)やお孫さんとも話が出来、
私もお通夜とお葬式に参列し、今までの感謝、そしてお別れをすることが出来ました。
小学校時代から、今も事あるごとに集まっている「4人組」で、お父様をお見送りすることが
出来たのも、すごい偶然だったと思います。
このタイミングのすごさは、きっと何かあるのでしょう。
「おじさん、狙ったね!」なんて笑いながらも、涙、涙のお別れとなりました。
ご冥福を心よりお祈り致します。
[PR]
by kinomibiyori | 2012-08-07 12:00 | お出掛け

何を食べても美味しい!

一時帰国中に食べた日本食大集合~!!

f0199394_13134617.jpg

スガキヤ、丸亀製麺の明太釜玉うどんwithいか天、美輝の里の日替わり定食、王将

f0199394_1322824.jpg

いくら丼、櫃まぶし、チャオのミラカン(大好き!)、nana's green tea

f0199394_2312372.jpg

とある和食屋、諏訪屋、びっくりドンキー、地元で人気のケーキ屋さん

いや~、食べたね!(笑)
家が二世帯住宅なのでね、朝食は義両親宅でしっかりとお世話になり、
それ以外の昼食、夕食はほとんど外食でした。
オットなんて、毎日の日程に、どこへ食べに行くかを書き込んでいたので(そこまでする?笑)
まんべんなく食べることが出来ました。

この他にもまだまだ食べてるし、コンビニスイーツもぬかりはなくてよ!
絶対食べたいと思ってた「玉子かけご飯」もしっかりと!

日本食、何を食べても美味しかったー!
本帰国したら、すっごくがっついてしまいそうな自分が怖いっす(笑)。
[PR]
by kinomibiyori | 2012-08-05 21:00 | 料理

でこぼこモータース

今日は楽しみにしていたmozoへの買出し日。
しかし、滞在期間前半に張り切って色々と購入してしまった為、
持ち帰るスペースがほとんど無いのが現状・・・。
セントレア→デトロイトへの直行便なら、荷物8個までOKなんです。
しかし、今回は・・・セントレア→成田→サンフランシスコ→デトロイトという行程なので
荷物は4個まで・・・。う~ん、きびすぃ~!!

それでも、色々見ずにはいられない!!
いや~、イオン・・・、楽しい!!見れば見るほど欲しい物ばかり。
なのに、買えない悲しさ・・・。目に毒ね~・・・。

お買い物大きらいな子供たちに付き合ってもらったんだから、
子供たちにもねぎらいを・・・と、でこぼこモータースへ行ってみた!
ここで2年ぶりに、ママ友Mさんとの再会も果たしました。
子供達は覚えているのか覚えていないのか、微妙な空気の中、まもなく打ち解けて
一緒にでこぼこモータースをenjoy。
予想以上に、娘たちは大はしゃぎでした♪

f0199394_3231179.jpg


給油場所まであるんですね~。芸が細かいっっ!
f0199394_3223691.jpg


この後、要らぬ記念写真までせがまれ、やむを得ず購入。
子供たちにも楽しませてあげなくっちゃね・・・。

ここでママ友Mさんとはお別れし、お次はミシガンでお世話になったY家へGO!
3人のお子さんを引き連れて、電車で駆け付けてくれたMっ子ちゃんとも再会。
子供たちのテンションはMAXに!!皆、全然変わってなくて楽しかった~!
ミシガンでは、飲みたいだけ飲んで、徒歩で帰れる距離だったのに
日本では、電車や車で帰っていかないといけない距離が寂しく感じられました。
そう思うと、その時、その時の環境を、思いっきり楽しんでおかないと・・・ってことですかね。

Y家の皆さま、ありがとうございました。お次は再来年の花見の季節にお邪魔させて下さいね!
Mっ子ちゃん、毎日16kmの自転車ダイエット(?)の成果に驚きました。
再来年には、ますます痩せてきれいになってることでしょう。楽しみにしています♪
お豆もありがとう!大切に戴きます♪
[PR]
by kinomibiyori | 2012-08-02 21:00 | お出掛け
トロッケンクランツの師匠、猪飼先生のアトリエへ2年ぶりにお邪魔してきました。
タイミング良く、一時帰国中に親子教室が開かれると知ったので、長女を連れてレッスンを受けさせて頂きつつ、ちょっとした近況報告も兼ねて。

ちょうど私が渡米した時期に、先生は新ブランドを立ち上げられて、
土台となるトロッケンゲビンデを、近代的に、今のインテリアに合うようなデザインにされ
枠にとらわれない、自由な発想と表現力、またそのセンスの良さで、
年々ファン層を拡げていらっしゃいます。

トロッケンクランツの講師も、ここ3年間で急激に増え、
名古屋近郊のみにとどまらず、いまや東京にも講師の方が生まれ、
「木の実クラフト」として、定着してきました。
念願だった先生の夢も適う寸前まできています。
その、これまでの過程を間近で見られず、また、何のお手伝いも出来なかったことを思うと、かなり凹むのでありますが、いつか恩返しが出来るよう微力ながらも細々と活動を続けていけたら・・・と、先生の変わらぬ素敵な笑顔を拝見しながら、心新たに感じたのでした。

さて、長女の作った作品はこちら。
f0199394_1254196.jpg


鳥かごのフレームに、木の実やベリーを取り付けています。可愛い~♪
腱鞘炎を患っている猪飼先生が、
それ故に生み出すことが出来た「子供でも作れる作品」だそうで(笑)。
久々のアトリエでの作品作りに嬉しくなり、ついついいっぱい手を出してしまいました。
もう小3の長女ですので、本当は下手でも、じっと見守るべきですよね・・・。
私もまだまだです・・・。

★トロッケンクランツは登録商標です 登録第5400385号
[PR]
by kinomibiyori | 2012-08-01 21:00 | トロッケン